生姜(しょうが)シロップ・ジンジャーシロップ効能

冷え性からくる病気とは?低体温が引き起こす10の危険なの血流障害

冷え性からくる病気とは?低体温が引き起こす10の危険なの血流障害

冷え性でお悩みの方も多くいらっしゃると思います。

年々こうした冷え性など低体温は増加しているそうです。

 

一番多くの原因として全国の近代化や都市化による
不規則な生活、乱れた食生活の増加が大きく関係しているそうです。

 

では、こうした「冷え性」「低体温」の状態は
どんな危険があるのでしょうか?

 

・冷え性・低体温がもたらす大きな危険として
免疫力の低下が引き金となっています

 

免疫力が低下して血流も滞るため、血も固くなり
それに関連した体の機能障害を引き起こしやすくします.

 

●「冷え性」「低体温」による大きな病気はどんなものがあるの?

 

大きなものとして(1〜4)

 

がんや腫瘍・生活習慣病各種・脳梗塞・脳卒中など脳血管疾患は
冷えが大きく影響してくるものの代表的なものです。

 

脳血管疾患などは血流障害の血栓です。

 

他には(6〜10)

 

頭痛、めまい、生理不順、糖尿病、高血圧、高脂血症
も冷えにより、血中の糖分・脂肪分が燃焼しなくなったり
血液が固くなったために引き起こされる症状なのです。

 

★こうした「冷え性」「低体温」の状態から
体を守るためにまず出来ることとして

 

生活習慣を正す、
何よりもまずは一番大きく関係してくる
食事を改善していく事が大きなカギです。

 

”体の低体温を改善して、栄養の良い物”を組み込む
などして、出来ること1つづつでも対策しておく事が
毎日の安心に繋がるのではないかと思います。

 

 

PS.体を温める健康によい食材として
生姜の効能が注目を集めているようです。

 

 

⇒水の飲み過ぎに注意!体を冷やす危険について

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ